ロゴ

人妻ナンパTOP > AV女優の宇都宮の人妻

ナンパした元AV女優の人妻さん

AV女優の写真 栃木県の写真

知り合った人妻さんは元AV女優でした。

僕は市内の金融関係の会社で働く33才。2年前、離婚してから仕事の合間に出会い系サイトを利用し、女子たちとの交流を楽しんでいます。ここ最近はライブドアYYCというサイトの出会い率が一番高く、もっぱらこのサイトを通して女子たちと絡んでます。

その人妻さんと出会ったのは、もうひと月ほどまえのことです。メアド交換してからはすんなりアポ取りが成立し、平日の夕方、南大通りのお好み焼き屋で食事をしました。

彼女の年齢は29才。しかし、実際にはそれより若くみえます。なによりファッションや髪型がとても洗練された美人でした。そんな彼女から突然こんな告白がなされました。

「じつは私、AVに出ていた時期があるの」

彼女は当時の女優名まで気楽に教えてくれました。

「驚いた?」

「そりゃ驚いたけど……そんなこと俺に教えちゃっていいの」

彼女はいま、大学職員の旦那と幸せに暮らしています。真面目で誠実で優しい夫なのだそうです。旦那の両親もいい人たちで、彼女をあたたかくサポートしてくれているのだそうです。もちろん旦那も両親も彼女がAV女優だったことなど知りません。

「別にそのことに罪悪感があるってわけじゃないんだけど、あんまり今の自分とかけ離れているんで、バランス取れなくなっちゃうのかなあ」

ようするに自分が元AV女優であることを誰かにいいたくて仕方がなくなっちゃうのだそうです。「王様の耳はロバの耳」みたいな感じなのでしょうか。

その日は部屋に帰るなり、彼女の女優名をネット検索し、エロ動画サイトにアップされていた無修正動画を続けざまに観賞しました。

いやあ、これには興奮しました。だって、たった今会っていた綺麗で上品な人妻さんがマンコを広げてオナニーしたり、精液を飲んだり、電マを当てて潮吹いたりしているんですから。もちろん僕は気がつくとそんな彼女をみながら夢中でオナニーしていました。

やりたい! こうなったらなにがあってもあの人妻さんとやりたい! 

僕の頭の中はもう彼女のマンコでいっぱいでした。さっそく次のアポを取りつけ、彼女と会いました。

「私のAV観てくれた?」

「観たよ、もちろん」

「どうだった?」

「興奮したよ、そりゃ」

「私、すごいことやってたでしょう」

彼女は嬉しそうにAV時代の裏話を始めました。でも、それだけです。ホテルに誘うときっぱり断られました。

「あんなにいい旦那を裏切れるはずないでしょ」

彼女はいったいなにを考えているのでしょう。

僕はいまも毎日彼女のAVを観ながらオナニーしています。

>> カラオケバーでピチピチした若妻さんをナンパしちゃいました