ロゴ

人妻ナンパTOP > 盛岡で性欲処理の変態女との出会い

遠距離恋愛中の性欲処理

性処理の写真 岩手県の写真

よく遠距離恋愛をしている若いカップルがいますけど、3か月にいっぺんとしかエッチできないでよく我慢できますね。男は、まあ、現地調達して済ませばいいでしょうが、女子のほうはどうなんでしょう? ほんとに真面目に彼氏と会えるのを待っているかなあ。

私は市内の紳士服店で働く34才。ライブドアYYCという出会い系サイトに登録してもう2年目になります。このサイトのいいところはコンスタントに女子が調達できるところ。私はずっと月4のペースでエッチさせてもらっています。

先週出会ったその女子は28才のOLさん。学生時代から付き合っている彼氏は、いま東京に赴任中で、遠距離恋愛になってもう3年目になるんですって。

「じゃあ1年のうち、彼氏と何日くらい会えるの?」

「うーん。そうだなあ。全部で10日くらいかな」

「じゃあエッチも10回?」

「さあ、知らない」

「残りの355日はどうしてるの? 女だってどうしてもやりたくなっちゃう日があるでしょう? やっぱオナニーして乗り切ってるの?」

「ねえ、ちょっと露骨すぎない?」

「俺に手伝わせてよ」

「なにを?」

「だからオナニー」

「ちょっと勘弁して」

「お願い。俺、絶対何回もいかせるから! すっごい気持ちよくするから! この通り!」

まったくくだらないお願いです。でも、私はとことん真剣にお願いしました。そしたら

「ほんとにいかせてくれるの? 私、かなりいきずらいよ」

いつの間にか話は「勘弁して」から「いきずらい」に変わってきています。私はこういうおっちょこちょいな女子が大好きです。チャンスです。もうひと押しです。これがあるから出会い系はやめられません!

結局このあと私はひたすらお願いし続け、彼女とラブホにいくことができました。

ちなみにずっと舐めながら寸止めをくり返していたら、

「もう、いや! お願い、入れて!」

と彼女の方からお願いされちゃいました。

>> カラオケバーでピチピチした若妻さんをナンパしちゃいました