ロゴ

人妻ナンパTOP > 避妊セックス情報

出会い系と避妊問題

避妊の写真 三重県の写真

いまさら言うまでもありませんが、エッチには「快楽」と「妊娠」という2つの役割があります。いったいどうして神様はこの2つ役割をひとつにしちゃったのでしょう。ほんとに妊娠ってやっかいです。

私は市内で家業の薬屋を営んでいる薬剤師です。1年前、ライブドアYYCという出会い系サイトに登録してからというもの、かなりの頻度で売り物のコンドームをくすねています。そう。独身の私はこと「避妊」に関してはまったく怠りない人間でした。しかし、その人妻さんの用心深さは、私の比ではありませんでした。

その人妻さんと出会ったのは2週間程前。正直いって初めて会ったときから彼女は「エッチやる気満々」といった感じで、メアド交換からアポ取り、顔合わせの後、ラブホに入るまで、最短距離で突き進んでいきました。経験的に、こういういいテンポでことが進むとエッチの乗りもいいはずなんです。お互いの「やる気」がいいタイミングで相乗効果をなすわけです。ところがこの人妻さんとの場合は違っていました。

彼女がいうには、

「私ってすごく妊娠しやすい体質なの」

なんだそうです。

今の旦那ともきちんとコンドームをしていたにも関わらず妊娠してしまい、「できちゃった結婚」したんですって。しかも、コンドームをしていた旦那さんは、彼女のお腹の子が本当に自分の子供かどうか疑っていて、出産後、その子のDNA鑑定までおこなったのだそうです。まあ、最初からそんな調子で始まった結婚生活なので、いまはお互い冷え切っていて、セックスレスが続いているらしいです。

「だから逆に絶対妊娠なんかできないのよ。もう言い訳できないもの」

確かにそうですよね。

でも、だからといってコンドームの3枚重ねはやり過ぎじゃないのでしょうか。そんなに重ねたら私はちっとも気持ちよくありません。でも女性の方はコンドームなんか何枚重ねようが、あんまり関係ないみたいみたいです。豪快に潮を吹いていってました。ちなみに私はチンコに厚着しすぎたせいでいけませんでした。だから妊娠の心配はまったくありません。

それにしてもこの人妻さん、ここまでしてやりたいなんて、よっぽどエッチが好きなんですね。

>> カラオケバーでピチピチした若妻さんをナンパしちゃいました