ロゴ

人妻ナンパTOP > 岐阜の出会いアプリ体験

出会い系の横綱になるには

出会いアプリの写真 岐阜県の写真

中学をでてからずっと東京の小さな相撲部屋に入門していました。でも3年まえ、膝に致命的な怪我を負ってその部屋を去りました。つまり、僕は元相撲取りなんです。いまは22才。身長188センチ。体重110キロ。あり余る力を生かして市内の引っ越し会社で働いています。仕事後はライブドアYYCという出会いアプリを利用し、女子たちとエッチを繰りかえしています。とにかくこのサイトは最高です。じつに多くの女子との出会いを提供してくれます。

自分でいうのもなんですが、僕はかなりセックスが上手です。1度でも僕とセックスすると、かなりの数の女子が僕のリピーターになります。つまり僕のセフレになりたがります。いま現在、僕には20才の女子大生から38才の人妻まで、6人のセフレがいます。僕から誘えばすぐさせてくれるという女子も混ぜれば、セフレはもっとすごい数になると思います。

昔から「相撲取りは床上手」。つまり「力士はセックスが上手い」といわれてます。相撲取りは、花街の芸者や部屋の女将さんから「夜の稽古」を受けている、そんなイメージがあるからだと思います。でも、僕にいわせると、それはまったく事実ではありません。だって僕は現役中、ほとんどセックスをしていません。18才になったときタニマチから筆下ろしにソープに連れていってもらった、その1度きりです。だから僕のセックス修業は、じつは現役を終えたあと、3年まえから始まったんです。

もしセフレたちがいうように僕のセックスのレベルが高いのだとしたら、それはおそらく相撲という格闘技そのものの影響だと思います。まず、当たり前ですけど、相撲という競技は相手がいなけりゃ取ることがきません。自分以外の相手が在って初めて相撲になるのです。そして相撲取りはその相手のことを徹底的に考えています。癖、スピード、得意技、身体各所の筋力、とにかくありとあらゆることを考えます。でも「頭でだけ」で考えていてもダメなんです。それじゃ「遅い」んです。相手と当たった瞬間、「身体全体のコミュニケーション能力を最大化して相手の技に反応」しない限り絶対勝つことなんかできません。

みなさん、僕のいいたいことがわかりますか? それってセックスも同じなんです。

僕はセックスをしている最中の女子たちのちょっとした身体の動き、たとえば腰の振り方、お尻の浮かせ方、僕の背中を掴むときの力加減、ペニス自体に感じる女子の膣圧の変化、そういう細かい身体の変化で相手がなにを求めているかすぐわかってしまうんです。いえ、相撲を取るときと一緒です。考えるより早く身体が反応してしまうんです。相手がもっと高いステージを求めているなら、そのステージに一緒に昇っていくこともできます。そして多くの女子たちは僕のようなタイプの相手とセックスしたことがないんです。だから、僕のエッチばかりが異様に評価が高いんです。現役は引退したけどいまの僕は、出会い系という場所の中ではまず間違いなく横綱クラスだと自負しています。

みなさん、もし出会い系の横綱を目指すなら、まず格闘技を始めてみることをお勧めします。きっと次々セフレ希望者があらわれると思いますよ。

>> カラオケバーでピチピチした若妻さんをナンパしちゃいました